Avenue Montaigne に総面積1万2,500 m²の壮大なオフィスビルが誕生

洞察力 2020年3月8日 に ヨーロッパ

サウジアラビアの投資家であるオラヤン氏は、伝統文化とモダンデザインの融合という難しい課題に果敢に取り組んでいます。ロンドンのKnightsbridge Estate、マドリードのリッツホテル、ニューヨークの550 Madisonなどを所有する同氏がパリで選んだのは、8区の50 avenue Montaigneという絶好のロケーションを誇る物件です。

シャンゼリゼからすぐの場所に位置するこの物件は、20世紀になってまもない1910年に、プライベートバンクであるLa Banque Privée 1818の本部として建てらました。2021年夏までに全面的なリノベーションを行う計画で、古い歴史を持つファサードを保存しつつ、建物の中心部分をコンクリートとガラス、そして外光をふんだんに取り入れた近代的な空間へ再構築します(全体図はビデオを参照)。設計はFresh Architectures、内装はRF Studioが担当します。

今後約1年で、パリのゴールデン・トライアングルに、1万2,500 m²に及ぶ高機能オフィススペースを備えた9階建てのビルが誕生する見込みです。オフィスの収容人数は最大1,000人で、1人当たりの利用面積は12 m²。各フロアには柔軟な使い方ができる共有スペースが1,500 m²ずつ確保されています。最大3つのテナントが、年間1 m²当たり930ユーロの家賃で入居可能です。

家賃は相場(870ユーロ)よりやや高めですが、それについて、この物件の運用を担当するChelsfieldのアセットマネージャー、ニコラス・マリンは次のように説明します。「一等地であること、めったにない規模であること、外界に開かれた大胆な設計かつ特別な立地であることを考えれば、納得いただけるでしょう」。Chelsfieldは、50 avenue Montaigneを含め世界中で総額40億ユーロを超える不動産を運用しています。なお今回の計画では、物件の一部であるLariboisièreの1890年築の古い邸宅についても、総面積2,500 m²の店舗スペースへとリノベーションします。

共有エリアは、ホテルやコワーキングスペースにヒントを得ています。「レセプションホールには、お酒を楽しめるコーナーもあります。夜の催しのために貸切にしたり、会議やセミナーを開いたりすることも可能です」とニコラス・マリンは話しています。

リラクゼーションスペースとしては、カフェ(420 m²)、ジム(390 m²)、シアター(510 m²)を併設する予定です。さらに、駐車場は4フロアで車135台を収容できるほか、自転車駐輪場(158 m²)とオートバイ50台分の駐輪場も設置されます。

敷地内には530 m²の中庭があり、また、1,240 m²の階段状テラスは5層に分かれ各フロアからアクセスできる設計です。いずれも緑にあふれ、テラス屋上では菜園や360度の眺望を楽しむことができます。「単なる改修ではなく、入居者同士のつながりを作ること、従来のオフィスビルにはない意外性のあるスペースで人々を驚かせること、リラックスして働ける職場にすることを目指しています」と、Chelsfieldの開発担当ディレクターであるギヨーム・カンチアーニは話しています。

元の記事(原語)を参照

Chelsfield Asia、Chelsfield Asia Fund 1を3億6250万ドル 及び 共同投資枠1億5000万ドルを設けてファイナルクローズ

洞察力 2020年5月29日 に アジア

英国拠点の国際不動産会社Chelsfield Group のアジア子会社であるChelsfield Asia Lim-itedは、同社初のPan-Asia value-add fundのChelsfield Asia Fund 1(CAF 1 もしくはファンド)を3億6250万ドルでファイナルクローズしたと発表した。Chelsfieldは3億6250万ドルに加えて、新たに1億5000万ドルの共同投資枠を獲得したことにより、ファンド設立時から手掛けている5案件の共同投資3億6600万ドルを加えた資金総額は8億7850万ドルに到達した。

続きを読む

Worfu(和富)で「Merry-Go-Round(氹氹轉 菊花園)」を公開
-複数の民族、文化および世代のつながりを称える展示

洞察 2020年2月17日 に アジア

すべての人にパブリックアートを届ける取り組みを続けるChelsfieldが、Worfu(和富)で魅力的なコミュニティアート展を開始しました。「Merry-Go-Round(氹氹轉 菊花園)」と名付けられたこの屋内展示は、世代を超えて多様性に富む文化やコミュニティを受け継いできたNorth Point(北角)の精神を称えるものです。

「小香港」とも呼ばれるNorth Point(北角)は、人口密度が高く活気あふれる街です。さまざまな用途の建物に彩られた都市風景の中で、さまざまな民族や文化の人々が生活し、働いています。オフィスビル、住居ビル、ショッピングセンターが林立するこの都市の発展を支えてきたのは、何世代にもわたってこの街で暮らし、働いてきた人々でした。

続きを読む

アジアで5件目の物件取得

洞察力 2019年11月29日 に アジア

Chelsfield Asiaは本日、Chelsfield Asia Fundの5件目の投資により、上海の静安区大寧にある大型複合商業施設「Lifehub@Daning(大寧国際商業広場)」内の4棟のオフィスビルの50%を取得したことと発表しました。この物件は、香港を本拠地とする投資運用会社、Pamfleetとの合弁事業(折半出資)を通じて取得されます。

続きを読む

Top