2020年5月

Chelsfield Asia Fund 1の募集を完了

続きを読む >

アジア

2020年5月

Chelsfield Asia Fund 1の募集を完了

続きを読む >

Chelsfield Asiaについて

Chelsfieldは2016年にアジアに進出し、その後まもなく最初のファンド「Chelsfield Asia Fund 1」を立ち上げました。このファンドは、運用の低迷する資産を高品質の不動産資産へとグレードアップし、ベンチマーク以上のリターンを提供することを目指しています。

Chelsfield Asiaは、将来を見据えたバリューアッド資産の運用ノウハウと、資産の創造的なリポジショニングに関する実績を備えています。

香港、上海、シンガポール、東京の各都市のオフィスでは、ゆるぎない実績を持つ投資・不動産のプロフェッショナルが、チーム体制でプロジェクトを担当しています。

経営陣

不動産業界のベテランであるニック・ルー率いるChelsfield Asiaは、不動産分野で約20年以上のキャリアを持つメンバーで構成されています。メンバー間の連携はオフィス設立以前からすでに11年に及んでおり、アジアの不動産事業で着実に実績を重ねながら、一貫してベンチマーク以上のリターンを実現してきました。複数の市場サイクルを越えて投資を行う中で、商機を捉え、かつ危険を回避する優れた能力を証明しています。また、市場への深い理解と、幅広いローカルネットワークを通じて貴重な独自のオフマーケットの取引機会にアクセスできることも大きな強みです。

  • ニック・ルー パートナー兼CEO
    ニック・ルーパートナー兼CEO
    View Bio
    • 不動産投資で35年以上の経験(うち24年はアジア)
    • Grosvenor Asia Pacific創立者、20年以上にわたりCEOを務める
    • アジア非上場不動産投資家協会(ANREV)会長
    • 香港の不動産開発・運用企業Asia Standard Internationalの元取締役
    • 中国対外貿易理事会(Council of China’s Foreign Trade)副会長
    • 英国商業会議所(British Chamber of Commerce)の総合委員会(General Committee)メンバー
  • ウィリアム・ロー パートナー兼COO
    ウィリアム・ローパートナー兼COO
    View Bio
    • 不動産分野で15年以上の経験
    • Grosvenor Asia Pacificの元COOであり、10年以上にわたりファイナンス・ディレクターを務める
    • AIA Capital Corporationの元ファイナンス・ディレクター
    • アジア非上場不動産投資家協会(ANREV)の財務委員会メンバー
  • ヤン・ユー パートナー兼CIO
    ヤン・ユーパートナー兼CIO
    View Bio
    • 不動産分野で20年以上の経験
    • Grosvenor Asia Pacificで大中華圏担当マネージング・ディレクター兼取締役を務める
    • 2004年にGrosvenorの中国事業を立ち上げる
    • 中国で総額15米億ドルを超える不動産取引を担当
    • Macquarie Bankが運用するPRCオポチュニスティック型不動産ファンドの投資/ビジネス・デベロップメントを担当
  • ジュン・ホー・リー ビジネス・デベロップメント担当ディレクター
    ジュン・ホー・リービジネス・デベロップメント担当ディレクター
    View Bio
    • Grosvenor Asiaでビジネス・デベロップメント・ディレクターを務め投資家関係を担当した
    • 韓国のEU商工会議所(EUChamber of Commerce)の不動産委員会(Real Estate Committee)ディレクターを務めた
    • アジア非上場不動産投資家協会(ANREV)のメンバーシップ委員会の委員長
    • 香港大学で不動産の理学修士を取得
  • Lai Dongliang (DL) アセットマネジメント担当地域ディレクターおよびシンガポール代表
    Lai Dongliang (DL)アセットマネジメント担当地域ディレクターおよびシンガポール代表
    View Bio
    • 不動産投資および運用に15年の経験
    • AEWの元アソシエートディレクターとして、シンガポールおよびオーストラリアのバリューアッド物件の取得を担当。シンガポールとシドニーでは総額5億米ドルにのぼる4件の投資物件を取得および資金調達
    • PGIMおよびゴールドマンサックスで投資運用を担当
    • シンガポールの南洋理工大学で会計の学士を取得。副専攻はバンキングとファイナンス
  • Dor Win Tan プロジェクト担当ディレクター
    Dor Win Tanプロジェクト担当ディレクター
    View Bio
    • アジアの複合施設開発に15年以上の経験
    • トーブマン・アジアの元設計および建設担当コーポレートディレクター
    • アジアにおけるチーム作りとプロジェクト完成に優れた実績
    • キャピタランドでシンガポール(チャンギ空港内のドーム型複合施設「ジュエル」)および中国(複合商業施設「ラッフルズシティ重慶」)の2つのランドマークプロジェクトのコンセプトデザインに参加
    • キャピタランドの奨学金によりシンガポール国立大学でMBAを取得(不動産専攻)
  • Junta Kaneda 投資開発責任者 兼 日本オフィス代表
    Junta Kaneda投資開発責任者 兼 日本オフィス代表
    View Bio
    • 不動産分野で20年以上の経験
    • 以前は三菱地所で、丸の内エリア再開発プロジェクトや、主要ビジネスエリアにおけるテナントリーシング/建替え移転交渉/アセットマネジメント/プロパティマネジメントを担当
    • アジアで複合施設開発の投資開発会社を設立
    • インターナショナルホテルブランドとのリゾートホテル計画のプロジェクトマネジメントを担当
    • 住宅(戸建て、マンション)の土地取得/計画/販売管理/アフターサービスを担当
    • 地域創生型の不動産開発ファンド設立。ゼネラルパートナーとして投資計画およびソーシング戦略策定

Chelsfield Asiaのアプローチ

  • マーケット

    アジアのサブマーケットの中で最も規模が大きく、最も流動性と透明性が高い都市である香港、上海、シンガポール、東京にフォーカスしています。

  • セクター

    複合施設、オフィス、住宅およびリテールに注力しています。

  • ディール・アクセス

    地域で培った幅広いネットワークをフル活用して、非公開かつ機密性の高いオフマーケットな取引にアクセスします。

  • 運用

    先を見越した資産運用とバリューアッド戦略により、改修、リノベーション、用途の変更、クリエイティブなマーケティングキャンペーン、積極的なテナント管理などを通じて高品質資産を創出します。

  • 開発方針

    革新的な設計、健康的な生活、サステナビリティを重視し、周辺コミュニティとステークホルダーにプラスの影響を与えるベストインクラスの資産を形成します。

  • ディール・セレクション

    一等地や高級化した地域に位置する、運用の低迷している資産で、かつ今後インフラ整備や再生計画のある物件の取得に的を絞っています。

DISCLAIMER

Top