2017年9月

バーバリー、KNIGHTSBRIDGE ESTATEに移転

詳細を見る > >

The Knightsbridge Estate

ナイツブリッジ地区
2017年9月

バーバリー、KNIGHTSBRIDGE ESTATEに移転

詳細を見る > >

ロンドン中心部の一等地には珍しい3.5エーカーの完全所有権の物件

ハロッズとハーヴェイ・ニコルズの間の街区にあたる3.5エーカー(約1万4,000m2)のこの物件は、2010年にThe Olayan Groupとのパートナーシップの下、高級店舗の集まるショッピング街への再構成を目的に取得されました。再開発の第一期では、物件の北側のBrompton RoadとSloane Streetに面した34万ft²(約3万2,000m2)を整備していきます。

Panorama

次の段階は、ブロンプトン・ロードおよびスローン・ストリートに面したエステートの北側の再開発です。これにより、世界クラスの小売スペース、グレードAオフィス、賃貸マンション35件、ルーフトップ・レストランおよびガーデンスペースが造り出されます。

@ Hayes Davison
@ Fletcher Priest Architects

素晴らしいフラッグシップストアが7店計画されています。3店はスローン・ストリートに、残りの4店はブロンプトン・ロードに面しています。全ユニット中の6ユニットは、営業フロアが3階に渡り、全ユニットに安全なサービスヤードから仕入れ用の裏道へのアクセスがあります。ファサードは、20世紀初めに建てられたこの建物の当時の特徴を反映するように復元されます。

35件の美しいマンションは、2枚の壁に窓が設置され、世界的に有名な造園家グロス・マックスによる解放された中庭を囲うように配置されています。マンションは、居住者が入り地元のコミュニティに貢献できるよう、個人賃貸のみです。

@ Fletcher Priest Architects
@ Fletcher Priest Architects
@ Fletcher Priest Architects

再開発の一部として、チェルスフィールドは、ナイツブリッジ地下鉄駅も大きく改善します。2020年までには、ナイツブリッジ駅のプラットフォームは、フーパーズ・コートに建設される2台の17人乗りエレベーターによるアクセスが可能になります。

この企画は、ロンドンの交通網のアクセスをより良くしようというロンドン市長の公約、および2021/22年までには更に30以上の地下鉄駅をバリアフリーにしようというロンドン交通局の誓約を支援するものです。

さらに、チェルスフィールドはプラットフォームを涼しくするための機材を提供するほか、ブロンプトン・ロード15番地に新しいモダンな入り口を建設し、歩行者の混雑を緩和し街並みを改善するために、ブロンプトン・ロードおよびスローン・ストリートの歩道を拡張します。新しい駅の入り口は、2019年後半に利用可能となります。


Top