550 Madison

マンハッタン、ミッドタウン地区
550 Madison の大理石階段

マンハッタン、ミッドタウン地区中心部の象徴的な建築物

1984年に建築家フィリップ・ジョンソンによりAT&Tのグローバル本社として建設され、後にソニーが所有したことにより「ソニー・ビルディング」の呼び名で知られるようになった、37階建約7万9,000m2の複合高層ビルです。マンハッタンの一等地に位置しています。

Chelsfieldは、数々の賞に輝く建築事務所Snøhettaと提携し、この物件の未来を描く魅力的なビジョンの構築に取り組んでいます。このプロジェクトでは、オフィスおよび店舗利用の最適化と強化に加え、公共スペースを充実させていきます。

Madison Avenueの新しいファサード設計案
East 55th Streetから見たデザイン案(夜景)
新しい野外庭園およびシェードの設計案
典型的なオフィスフロアに広いセントラルスパンを確保した設計案

Snøhettaは、今日の商業およびリテールテナントのニーズに最適な事業環境の整備に重点を置いています。

設計案では、インフラの大幅改修によって柱のない広々としたオフィス用のフロアプレートを整備し、テナントが広いスペースをオープンかつ柔軟に利用できるようにします。

また現在のスカイロビーを、建物の中核となるテナント用高級施設に改修します。

セントラル・パークを見渡す会議室(設計案)

Top